社会福祉法人 恵正福祉会|横浜市

私たちの施設を紹介します!

このコーナーは恵正福祉会の広報委員会の職員が同じ法人の他の事業所を見学し、感じたことをありのままに記載する「他己紹介」のコーナーです。
さて、どんな感想が出てくるでしょうか??

トップバッターは「わーくさぽーと阿久和」です。

それではどうぞ。

わーくさぽーと阿久和

わーくさぽーと阿久和は障害者就労継続支援B型と生活介護の多機能型の施設です。
今回もわーくさぽーと阿久和を見学した職員の声をご紹介します。

image

最初に来た時に「あれ、一軒家?普通の家?」って思いました。正直言って外見は施設という感じがしなかったです。

確かに何もなければちょっと大きな一軒家に間違われてもおかしくないですね。最初のころは郵便屋さんも「すいません、この辺にわーくさぽーと阿久和という施設があるようなのですが」って迷ったことがあったとか?? 「いやここがそうですよ」なんてやり取りをしたとか?

image 手作りの装飾がありました。見ているとみんなで楽しく作っているんだろうな、って感じました。手作りってなんだか暖かくていいですね。

わーくさぽーと阿久和では、小物つくりもしています。
これからはクリスマスの時期なので手作りオーナメントなども作成します。
「ないものは作る!!」これ、基本です!!
image

以前のわーくさぽーと阿久和を知っているので(生活介護事業は平成30年1月からスタートしました)、生活介護事業がはじまって一層家庭的な「普通の家」といった印象を受けました。

生活介護はとにかくアットホームな雰囲気、気軽に作業ができる空間を作っています。もちろん来るだけでもOK。一日のんびりしていても大丈夫ですよ。

image

普段の作業の一コマです。
単純に見えるけど大切な仕事です。
※写真掲載の許可いただいています。




image

職員と利用者との間が良い意味で近いものを感じました。建物もそんなに大きくはないので近く感じるのかもしれないです。今日、施設に入ってくるときも職員と利用者のやり取りを見ていましたがとても良い関係を築けているんだなと思いました。

確かにいろんな意味で「近い」ですね。「は~い、後ろ通りますよ~」「そこに荷物置いちゃうと通れないから壁側に移そう~!!」という簡単なやり取りでもコミュニケーション取ります。スペースは限られているからみんなで声かけあいながら和気あいあいとやっています。



image

今日はじめてこの施設に来ましたが、入る時は初めてで多少戸惑いがあったのですが、利用者の方から先に挨拶をしてくれて、とても良い雰囲気なんだなって思いました。見た目は普通の家ですが、雰囲気がとても柔らかいです。

アットホームであること大切です。
挨拶をきちんとすることは基本ですから、職員含めてみんなで徹底しています。納品前などの忙しい時間はついつい焦ってしまいますが、そこはみんなで意識して暖かな雰囲気を壊さないように努力しています。

image

物が整理整頓されていると思いました。私たち福祉の現場で働く者にとっては時間に追われることが多く、整理整頓も意識しないとついつい抜けてしまいがちですが、誰でもわかるように備品が置いてあったり、掲示してあったりときちんと管理されていると思いました。

確かに整理整頓は意識して続けないと、あっというまに凄い状態になってしまいますね。
どうすれば汚さないですむか、使ったものを元の場所にしまえるようにするにはどうしたらよいか、日々工夫を重ねて安全安心にも配慮しています。

image わーくさぽーと阿久和は通勤経路上なので、時々寄って休憩させてもらっています!!

ご利用ありがとうございます(笑)
みんなが気軽に立ち寄れるような施設を目指しています。

わーくさぽーと阿久和 管理者より

一日に何回大きな声で笑いますか?

毎日、事業所内には明るい声と笑い声が響きます。

大変なこと、辛いことはたくさんありますが、そういう時にこそ皆で「どうしよう」「こうしよう」とアイデアを出し合います。

わーくさぽーと阿久和・はーとさぽーと阿久和では、苦しいことや楽しいことをご利用者様・支援員が共に感じること、ひとりひとりが役割を持ち、互いを認め補い合うことを大切にしています。

皆様どうぞお気軽にお立ち寄りください。

ページTOPへ