とうかいどう保育園

ページTOPへ
事業概要

保育の理念・方針・目標

保育の理念

子どもの最善の利益とハッピーチャイルド

保育園は皆さんの大切な乳児・幼児のお子さんをあずかり、児童福祉法に基づいて養護・教育する施設であります。これから保育園での生活が始まります。園では子どもたち一人ひとりの健やかな発達に心を配り、楽しい園生活づくりを大切にし、また保護者の方が安心して働くことが出来るように責任を持って保育をしてまいります。

保育方針

命を守り丈夫な体と豊かな感性を育てる

各年齢の発達段階に応じた保育内容の計画をたて、それに基づき日々の指導を行い、園での生活を楽しく過ごせるように考えています
いつ如何なる時でも地域の人々の必要に応じた役立つ保育園といたします。

保育目標

命を守り丈夫な体と豊かな感性を育てる
1よく遊び、よく食べ、よく眠り心も体も元気な子ども
2晴れたら外、降ったらうち、四季のリズムの中で遊び、自分で考えて行動する子ども。
3異文化を知り、国際性豊かに育つ子ども。

そのために

◆職員の専門的知識・人間性を高め、保護者・職員とのコミュニケーションを通して相互理解を深めます。
◆地域の医療機関・児童相談所・子育て支援機関と更なる連携を図ります。
◆定期的な保育ニーズの調査・把握を行い、保育サービスの継続的な改善に活用します。
◆とうかいどう保育園マニュアルによる質の高い保育サービスの維持を図ります。
◆自然と親しむ体験保育を通して、子どもたちの感性を育てます

事業概要

産休明け保育 生後57日目より
障がい児等保育 集団保育が必要で、可能な範囲受入れています。
一時保育 可能な範囲で受入れています。
保護者の保育参加 保育参観、一日保育士体験(給食も希望されると食べられます(有料)

こども赤十字の参加

「たとえどこであろうと、人が困っていたり苦しんでいたら手をさしのべる」
これが赤十字の変わらない使命です。この考え方にそって、青少年の心の中に、人間を大切にし、健康で安全な生活をおくれるような生活態度を養い、互いに仲良くして世界の 平和のために役立てる人間になってもらいたい、との思いから生まれたのが『青少年赤十字』です。
『気づき』『考え』『実行する』ことができる子どもを育てる。

地域子育て支援

・小・中高生徒の保育体験
・保育学生・職場体験生の実習受入れ。
・カンガルー広場・当園で毎月定期的に地域の親子に参加してもらいリトッミクや保育講座を行っています。
※カンガルー広場に遊びにいらした時にパートナー登録をして頂きます。今後の親子広場の予定なども定期的にお知らせします。
・出前保育・とうかいどう保育園の職員が定期的に地域へと出向き、紙芝居やリトミックなどの活動を地域の子ども達に向けて行っています。
ページ先頭へ戻る
ページTOPへ