社会福祉法人 恵正福祉会|横浜市

ご当地メニュー(特養めぐみ)

特養めぐみです

縁の下の力持ち。
第二弾プラス食事イベントについてです。
今回はあまり日の目を見ないけど、なくてはならない存在。

厨房です。

三食ご入居者の食事と職員の食事を作ってくださいます。
厨房の専属の栄養士さんとめぐみの栄養士さんが連携して食事のメニューやカロリー計算、好き嫌い、禁忌など一人一人に合わせて毎日作ってくださいます。
めぐみの専属職員ではありませんが、毎朝早くから夜遅くまで、頑張ってくださっています。めぐみの大事な職員の方々です。

今回はその風景。

今日は食事のイベントなので、職員は多めに配置しているだとか。

※写真:青みがかっていることをご了承ください

image その日の食数をここで確認しています。
image 今日のメニューのイメージのようです。
image 厨房での盛り付け
image 今日のメニューの一つ黒はんぺん

イワシから作ったんだとか。

手作りです。
image
  • image


  • image


食事形態も一人一人に合わせて作っています。         ↑これはパンがゆ。
通常の食事では食が進まない方に個別に作ります。甘くて絶品。
食事のイベントの日なのですが、やはり食が進まない方。まずは食べて頂きたいので。

image 食器洗浄場所と高温食器乾燥機

これらの工程を経て、今日の食事イベント(ご当地メニュー)となりました。

今回のご当地メニューは「静岡県」

  • image

    めぐみの管理栄養士お手製お品書き

  • image

    常食の方の一例です。美味しそうです。
    施設長は、このかき揚げあと30個は食べたいなんて言ってました。
    本当に食べちゃう人ですから。

コロナ禍で様々な自粛、規制、中止をされていますが、せめて食事だけは…と

何かないか?と試行錯誤しています。

それが「ご当地メニュー」

今まで実施したのが、「盛岡」じゃじゃ麵。「沖縄」。そして今回は「静岡」です。
少しブームになりつつあります。ご入居者の故郷のご当地に合わせることができるといいな~と思っています。



今日は、食事イベントなので、ユニットでの盛り付け配膳はしていません。
厨房で全員分盛り付けをしてくださっています。
ユニット盛り付け配膳の様子は、めぐみのホームページに掲載しております。

ページTOPへ