社会福祉法人 恵正福祉会|横浜市

冬の装備紹介

特養めぐみのT・Sです。
今回は、ロードバイクで真冬に走るための装備のご紹介。
真冬のライドはとにかく寒くてしんどい。でも、玄人は、真夏よりも真冬の方が走りやすいというのです。
うーん。今だ信じられん。

寒いからと言ってダウンジャケットなんて来たらもう大変。汗だく。
真冬のお供の○ー○テッ○なんて着たら、即ゲームオーバー。
真冬でも猛烈かつ普通に汗をかきます。それが命取り。その汗が走っている最中に風で冷え、低体温になってしまうのです。それをクリアすれば、真冬の方が良いというサイクリストは沢山います。
冬登山をする方の装備に似ている所があります。
その低体温防止のための私の装備。良い製品、良いブランドで全部そろえると下手したら、ロードバイク1台買えちゃうような金額。そこまでは出せませんが、私は、某有名な「○○○サイクル」のセールと「○ー○マン」で買え揃えました。その紹介です。

【インナー①】

image 体の直に着るものです。
これ自体の保温性はありませんが、汗をかいたらすぐに吸収してくれます。
そして、逆戻りをしない。汗で濡れた服から肌を切り離してくれる役目があります。
真冬に一番大事と言っても過言はありません。

【インナー②】

image これもインナー。これを直に着る人もいます。
登山をする方にはおなじみ。モンベルというブランド。
これもすぐに汗を吸収してくれます。
私は、インナー①で汗を吸収、インナー②で吸収かつ速乾できるように2重着しています。
②が汗を吸収して、速乾しきれなく冷たくなっても①が保護してくれるので、汗冷えはかなり少ないです。

【アウタージャケット】

image インナー①と②の上に着ます。
これである程度の風をシャットダウンしてくれます。
一応 耐久温度0度。

真冬でも上着は、3枚。寒そうに見えますが、寒くないんだな
これがっ。


②で速乾しきれないとこのアウターの内側は汗でずぶ濡れになっていることがたびたびあります。

【ビブショーツ】

image これ胸元から足首までひとつながりの服です。
下に着るものはこれ一枚。

全然寒くありません。風も通さないという優れもの。

これも耐久温度0度。

【アームカバー】

image これが意外に役に立つ。
本来、真冬のサイクリングに着る服は、体幹を冷やさないように素材や重ね着で防止していくのですが、末端や手などの防風、防寒は弱いです。

そういう時にこれを装着。
全然違います。

暑くなれば、すぐ取れるし。

【目ざし帽】

image これ今年から導入。
今まで耳当てとネックウォーマーで頑張ってきましたが、荷物がかさばるのと、露出する肌が耐えられず(年かな~?)購入。これ素晴らしく良いのですが、普通に変質者?


即、職務質問ですかね(笑)

これにヘルメット、アイウェア(メガネ)だから、ライド中は問題ないけど、コンビニ入る時はさすがに外します。

上記の物をご紹介。他にもウィンドブレーカーなどもありますが、それは今度の機会に。
今冬は、これで乗り切るぞー。

新型コロナに加え、緊急事態宣言。どこにも行けず。いつも職場と家の往復。
早く自由に走りたいですね~。
仕事以外で今年の目標は?と理事長から質問され、答えさせて頂いた私の今年の目標「ロードバイクで200㎞走破」。
叶えたいです。

ページTOPへ